スポンサーリンク

【服薬1週間経過】ジェイゾロフト(セルトラリン)副作用体感

人生ではじめての心療内科へ行き、お薬を処方してもらいました。てとてです。

服薬を開始してから1週間。

  • 体感した副作用
  • 実感できた薬の効果
  • 心療内科の感想(現時点)

を、まとめるだけのページ。

【服薬1週間経過】ジェイゾロフト(セルトラリン)副作用体感

サプリメントとサプリメントケース
出典・pixabay

👆心療内科へ初めて行ったときのページ。

処方されたお薬は

  • セルトラリン25mg
  • タンドスピロン10mg

🍀ジェネリック医薬品で処方をお願いしたため、セルトラリンという名前のお薬が処方されております。

セルトラリンは、ジェイゾロフトというお薬の後発医薬品です。

タンドスピロンは、抗不安薬セディールというお薬の後発医薬品です。

パパス
パパス

どちらも効果は同じです。長期間服用するケースが多い精神薬ですから、薬価が抑えられることはメリットです。

体感した副作用と思われる症状

  • ごく軽い吐き気
  • 活動時間の減少

以上2つのみ。

「脳に働きかけるお薬なので、飲み始めてから1週間くらいは気持ち悪くなるかもしれませんが、そこを超えると症状が無くなってきます」という旨を薬剤師さんから説明を受けていたため、安心して服薬することが出来ました。

ごく軽い吐き気が、はじめの2~3日に感じた程度。

本当に軽いので、食事はとれますし、仕事が出来ないようなこともありませんでした。

活動時間の減少について。

簡単に言えば「眠気」です。

異様に眠い、だるい、体が重い。

夜早くに倒れて、朝の目覚めが遅い。

以前は不眠や中途覚醒で悩んでいた分、眠れることはありがたいのですが(笑)夜に何もできないまま終わる日もあります(そういう日は、スマホもパソコンも触れません)。

処方箋では、眠気は副作用とされておりますが、個人的には眠くなることが少しありがたく感じています。

※眠れることで、不安に駆られる時間が減少する、脳が疲れない時間が確保できる部分もあると思います。

実感した薬の効果

これはまだ…特にないです(;^ω^)

しいて言えば、良く寝てるので体が元気。

テトテ
テトテ

3年寝太郎といい勝負です

🍀タンドスピロンは、服用を続けていくことでセロトニン受容体のバランスを整えていくお薬だそうで、2~4週間経過くらいから、少しずつ効果が出てくるもの。

🍀ジェイゾロフト(セルトラリン)も同じくらい、 2~4週間 ほどで効果が出てくるとされています。

服薬1週間ですので、これから変化を感じるのだと思います。

パパス
パパス

今はてとての脳を、お薬が整えている最中なんですね

「お薬が少しずつ効いてくれているに違いない」という安心感が心の命綱になっているため、すこし安心しながら暮らしていられる状態です。

薬は正しく服用しましょう

地味に大切なこと。

ジェイゾロフト(セルトラリン)は1日1錠の服薬で大丈夫(*’ω’*)

しかし、タンドスピロンは1日3回服用するお薬です。

薬によって、代謝や排泄される速度は違います。「半減期」という言葉で表現されます。

例えば半減期が2時間のお薬の場合、服用後2時間で体の中の薬物が半分に減ります。

タンドスピロンは特に半減期が短いです。体の中の滞在する時間が短いので、マメに飲むのが大切なのです。

正しく、忘れず飲みましょう。

テトテ
テトテ

効果が出始めるのが遅れたら困るしね

🍀服薬の管理が困難なくらい落ち込んでいる人は、他の薬が良いんだろうなぁ、という感想。

心療内科へは早めの受診を推奨

すごい追い詰められてから「病院へ行こう!」と思っても、初診予約も取れないし困ることが多いです。追い詰められる前に心療内科へ行ってしまえたら良いと思います。

テトテ
テトテ

私の住んでいる場所では、新しい患者を受け付けていない心療内科も多いです。

どんな病も、早期発見・早期治療、といいますが。心もそうだと思います。

少なくとも私は、もっと早くいけばよかったと思っています。

私の行った心療内科、あっさりしすぎですけれど(笑)

通えたことが大事です。

では。

タイトルとURLをコピーしました