スポンサーリンク

しまうまプリントで簡単フォトブック作りの日

本日も自宅待機中のワタクシ。

データが蓄積されすぎて、重たくなってしまったスマホさんと向き合うチャンスだと気づく。

テトテ
テトテ

空き容量が不足して

昨日のエフェクトの

動きが遅いよ💦

エリザベス
エリザベス

うわーん

これじゃあ

遊べないでチュ!

🍀前日に、インスタグラムのリール機能で使用できる『ARエフェクト』というものを作って遊んでおりました。もともと空き容量の少ないスマホには負担が大きいようです。

しまうまプリントで簡単フォトブック作りの日

みなさんは、スマホで撮影したお写真。

その後、どのようにしているでしょうか?

  1. 撮影しっぱなしで何もしない
  2. バックアップを取っておく
  3. クラウドにあげておく
  4. どっちもするし印刷もする

何番の人が多いんだろうなぁ…。

※4つしか選択肢が浮かばなかったけれど、他に主流があるかもしれませんね。

ワタクシは昔、1でした。

機種変更をするたびに、画像や動画が失われるばかり💦

パパス
パパス

勿体ないですね…

テトテ
テトテ

本当だよねぇ

今は、なんとか4番へと成長!

子供たちが小学生の頃から、カメラのキタムラさんでシンプルフォトというお手頃なフォトブックを作るようになりました。

当時。スクエア型の100ページ・仕上がりがマットな印刷の商品で

テトテ
テトテ

これにしよう~

と即決できるお手頃価格だったのです。

ただね。

私の父が胃癌で亡くなる前から今までのおよそ3年分。フォトブック作成が止まっておりました。

カメラのキタムラ・シンプルフォトブック廃版

ノートパソコンで、自宅からフォトブックを注文しようとカメラのキタムラ公式サイトへ行きましたところ。

3年前までお世話になっていたフォトブックの形式。

やってないんですね☆

テトテ
テトテ

あら…

同じサイズで

8巻まで揃えたのに

3年って、世間を変えるには十分すぎる月日なんだなぁ。

やってないんだ、シンプルフォトブック…(落胆)

💡新しいフォトブック形式に変わっており、気軽に作れるものから凝ったアルバムまで!選択肢の幅の多いサービスは継続中です!

※私はたまたま、同じ規格で作り続けようとしていたユーザーだったから仕方ない。

しまうまプリントにて、ほぼ同規格の商品を発見

しまうま
出典・pixabay

Google検索ボックスに「フォトブック」と入力すると、上位表示にしまうまプリントというホームページを発見。

スクエア型の96ページ・仕上がりがマットな印刷の商品もございます。

直径も数ミリしか違わないぞ☆

テトテ
テトテ

これに決めたーっ!

私の注文だと、1冊送料込みで898円!安いっ!!

はなちゃん
はなちゃん

結局3冊

作ったみたいです

  • しまうまプリントさんは、素早く低価格での写真プリント、フォトブックのサービス提供に優れている思います!
  • 写真を使用したグッズ等、サービスのバリエーションが豊富なのはカメラのキタムラさんです!もちろんフォトブックも豊富です!

どちらも同じキタムラ・ホールディングスのお店だそうです。

葬儀や棺の写真を含むかどうか問題

出典・pixabay

フォトブックへ載せる写真のチョイス。

父の葬儀の写真や夫の葬儀の写真を、アルバムに載せようか?外そうか?

\ほんの少し悩みました/

夫の棺に入れたものの記録写真のほか、警察署のガレージにあずかられていた現状維持の車内を片付けに行ったときの車の写真。納骨直前のお骨の写真等。

子供たちも見るものだから、この写真が含まれていたら悲しいアルバムになってしまうなぁと。

でも、元気に笑ってる夫の写真までは入れておいて、突然お別れ前後の写真を載せないっていうのも変な感じ。

死別の理由が理由のため。

大切な写真であっても、警察署だの特殊清掃業者だの、背景に普通じゃない終わり方をビシビシ感じてしまうお写真具合でございます。

そもそも、残したい思い出のために作っているのか?

家族の歴史としての記録であるのか?

間違えなく後者の私は、棺の中で花に埋もれている夫の写真をアルバムに入れておきました。

まぁ。

大切な夫の写真だもん。

のせるっきゃないよね。

パパス
パパス

すまん、妻よ

テトテ
テトテ

たまには夢にでも

遊びにおいで

注文したアルバム。

届いたら、すぐに子供たちに見せるわけでもなし。

そっと本棚に加えておきましょう。

夫が居なくなってからの、苦しかった時期も。落ち着いた時間がうまれ始めた時期も。

まるっと含まれている、大事なアルバムになりました。

3年分の写真を1日中見ていたら、夫への会いたい気持ちが募ります。

無念の気持ちもやっぱり湧きます。同時に、子供たちやお義父さんに支えてもらってきた感謝もいっぱい湧きます。

生きる気持ちなんて全然湧かなかった、明日が来るのも苦しかったあの頃の私。

写真整理が出来るほどになったなんてね。

褒めてね、パパス(笑)

自宅待機が明けたら、またお仕事やお家の事を頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました