スポンサーリンク

【110円のフォトフレーム】大切な布をかざって小さな作品に

今月は、夫が亡くなってから、初めての私の誕生日と…亡き夫との結婚記念日です。

テトテ
テトテ

なんも、祝う気がしない…

自分の誕生日はともかく…結婚記念日は大事にしたい。節目として、ささやかな記念品を作ることにいたしました。セリアにてフォトフレームのみ購入。

記念品の材料費は110円なり

大事な人の衣類やハンカチ。大切な思い出の布。そしてボンドを用意します。

布をフレームに収めて、小さく飾れる作品にいたします。

💡今回は、娘のはなちゃんが手縫いで補修してくれたカーテンを飾ります。

【110円のフォトフレーム】大切な布をかざって小さな作品に

プレゼントを渡す様子
出典・pixabay

🍀夫の誕生日は、春でして。

すでに、死別後はじめての夫のお誕生日は終えております。

心が苦しかった。

好物を作って供えたところで、実際に夫が食べてくれるわけではなく。プレゼントを買って供えても、自己満足なのではないか?と考えては苦しかった。

それでも、夫の好物の餃子をたくさん作り…コンビニでスイーツは買ってきたけれど…。

※ケーキを買う気にはなれず…「買わなくていいか」と晩御飯の時間をむかえていたのです。いざ、晩御飯の時間。餃子だけなんて…!!と申し訳なくなり、コンビニに駆け込んで、泣きながらスイーツを買う(笑)怪しいお客さんになりました(;´・ω・)

セリア・フォトフレーム110円

フォトフレームと封筒
スクエアタイプのフォトフレームを購入

※右の封筒は…友人との手紙のやり取り用なので無関係です。

フレームの裏側。板を止める金具は、くるっとするタイプではなくて、指でグニーッと金具をまげて板を外すタイプ。何度も写真を差し替える場合には不向きですが、今回は一度入れたら基本的に中身を差し替えることはないので、これでOK。

かざりたい布とボンドを用意

布とボンド
布やボンドを用意

フォトフレームの板は、茶色いです。

今回飾りたいレースカーテンだと、そのまま板の色が透けて見えてしまうため、カーテンの下に違う布をはさむことにしました。

無地のハッキリした布を探したら、青い布を見つけたため使用。

板に直接ボンドを塗ります

ボンドを塗布した板
フレームの板に直接布用のボンドを塗り付ける。

ボンドを塗り、直接布をはりつけていきます。

まずは青い布を貼って固定。その上にレースカーテンを重ねます。レースカーテンにはボンドはつけません。いつか違うものに使う可能性を考えて、ボンド無しで重ねます。

完成・はなちゃんの手縫い作品

完成品
完成したフォトフレームの飾り
はなちゃん
はなちゃん

えっ…これ…飾るようなもんなの?

娘のはなちゃんに、本気で聞かれました(笑)

はい。飾るようなものなのです…!

とても集中力の必要な、手縫いの補修。出来るようになったんだね。縫い方もとても丁寧ね。

すごいなぁ。

頑張ったんだなぁ…。

これは、カーテンを交換したからと捨てられるものではありません…。

ジョルジュ
ジョルジュ

母よ…これは…飾るのですか?

※息子のジョルジュにも、似たようなリアクションを後から受けました。

テトテ
テトテ

飾るものです…!!

断言

子供が頑張って作った作品とか。成長を感じたものとか。

親って、それを捨てられません。親というか…私は捨てられません。

断捨離ブームが起こった時でさえ「思い出系」のアイテムが捨てられなくて、モノが減らないタイプでしたからね(笑)

いつか、夫のお洋服も…

本人がお気に入りで来ていたお洋服など。

あらためてお洗濯をして、防虫剤を入れて収納してあります。捨てる気持ちにはなれません。

しかし、ゆくゆくは、自分のものも夫のものも減らしていく必要がでるでしょう。その時には、飾りにしたり…小さな小物につくりかえたり…しようかな?出来るかな…?

作りかえるために、布にハサミを入れることすら、今は考えられません💦

迷っている間に、お洋服が虫に食べられませんように…!

もうすぐ、夫を亡くして8か月です。

あなたのにおいは、どこにもありません。大事にしていたけれど、消えてしまいました。

だから…いつか空で会えたときに抱きしめてもらえたら、夫のにおいでも嬉しくなるんだろうな。

あったかくて、優しい声で、笑ってくれるかな。

会いたいな。

会いたいけど、頑張ります(‘◇’)ゞ

フォトフレームさ。

夫にも見えるように置いておくから。はなちゃんの成長を感じていてくださいね。

では。

タイトルとURLをコピーしました