スポンサーリンク

【7回目の月命日】彼岸花の花言葉・稲荷神社で夫を想う日

夫と離ればなれになってから、7回目の月命日。

その前日も当日も、仕事で良かった。忙しくしているほうが良かった。

そう思っています、てとてです。

テトテ
テトテ

休みだったら、きっと泣いてた。

最近は、仕事の日の昼休みの後半30分は、お散歩タイムにあてていまして…お気に入りのスポットが稲荷神社の今日このごろ。

他にもお気に入りスポットが見つかるように、新しいルートを開拓中であるものの…月命日だし…と、またもや稲荷神社へ参拝へ行きました。

👆稲荷神社を見つけた日の話。

【7回目の月命日】彼岸花の花言葉・稲荷神社で夫を想う日

彼岸花
群生しているエリアがあり。

さて。彼岸花の花言葉は

「悲しき思い出」「あきらめ」「独立」「情熱」

テトテ
テトテ

なんとなく。なるほど…と思っちゃう花言葉。

彼岸花って、お彼岸にさくのね。なんて、素朴なことを考える。

いや、北のほうはまだ咲いてないかも?南のほうは終わりの時期かも?

まてまて、日本は国土が狭いから。日本全国、彼岸花は今が最盛期かも知れない。

北はりんご、南はみかんだぞ?彼岸花も、時期が違うにきまってる。

ブツブツ独り言をいいながら、彼岸花を撮影。

彼岸花
下から見上げる彼岸花もいいね。
パパス
パパス

妻が、警察に捕まらないか心配です…。

彼岸花には毒があるみたい。

夫は、キョウチクトウという植物の話が好きなのですが(※キョウチクトウの枝はお箸にしやすい形だけれど、猛毒だから使っちゃだめだよ!死んだ人もいるからね…という。枝を箸に使う可能性が低いけれど…過去に何度か教えてくれました。)彼岸花も毒があるみたい。

まぁ。彼岸花の茎は、お箸にするにはフニャフニャだから心配ないか。

私の心も夫から「独立」しなくては

おそらく、私は一生夫を愛したまま。大事に思い続けたまま。生きていく事になると思います。

仲が良かったですからね。一生消えない気持ちを抱える見通しです。

ただ。最近思うのは…とりあえず一生悲しいまんまかもしれないが。目の前の人間、幸せにしとけよ自分!ということ。

娘のはなちゃんと、息子のジョルジュと、一緒に住んでるお義父さん。

自分が激しく落ち込んでいる間、日常生活が困難な時期は。いつか落ち着いたら。元気になったら色々してあげよう…。そんな風に考えていました。

しかし。夫を亡くして半年以上が経ち…「いつか落ち着いたら…っていつだよ」と愕然とするほど、元気がでません。カラ元気の日々。

いつかを待っているうちに、幸せにできないまんまで1日ずつ過ごすのか

夫も家族を幸せにしたかったはずでしょ。

もう夫はそれがしたくても出来ないわけでしょ。

それなら私がするしかないじゃない。

メソメソしたまんまの夫の奥さん状態から、心が独立させて、てとてという人間として夫を想いながらガッツで生きる。

なんとか生きていくもん…(;´・ω・)

👆こちらは死別後半年たったころに書いた気持ち。1か月前かぁ。

未来の前に、今を生きないとね。

さるすべり
花言葉は「雄弁」「愛嬌」「不用意」だって。

人生100年時代と言われると。どれくらいお金を稼いで、貯めないといけないのか。憂いが多い世の中ですから、どうしてもお金をためて備えたくなります。

備えることは大切なこと。

でもね。

目の前の今をしっかり生きてこその未来

美味しいものを、とりあえず食べよう。

とりあえず食べようのココロ(/・ω・)/

てとての弁当。
月命日に食べた、てとての弁当。

👆玉子焼きを焼いた自分を、全身全霊で褒めるのココロ。

自分ツッコミくまが大好きのココロ。

マリトッツォとタマゴッツォ
こないだレイクタウンで買ったやつ。

👆マリトッツォだけじゃなくて、タマゴッツォもあったのココロ。

マリトッツォは、マルエツのほうが好きのココロ。タマゴッツォも美味しいのココロ。

サク山チョコ次郎
夫が良く買ってくれたのココロ

夫へ。

ねぇねぇ。

はじめて「サク山チョコ次郎」を買って帰ってきてくれた時。私が大喜びしすぎて、良く買ってきてくれましたね。

私も夫も、一人称が「オデ」っていうキャラ、ちょっと好きでしたが(笑)チョコ次郎は「オデ」または「オイラ」と言いそうな見た目だと思うの。

一人称が知りたくて、ネットを探したけどわからなくってね。

今日伝えたいのは…

テトテ
テトテ

チョコ次郎はクロールが上手い。

という事。

パパス
パパス

妻は、すぐどうでもいいことを報告してきます。

どうでもいいこと。

話したいんだけどな。

(;´・ω・)

タイトルとURLをコピーしました